Udemy 10. ログイン前のレイアウト構築 #03
2020年08月20日に更新

Nuxt.js ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)

ウェルカムページは、全4回に渡って構築します。

1/4 ウェルカムページを構築するコンポーネントファイルの作成

2/4 アイキャッチ画像の設置とツールバーの作成(今ここ)

3/4 スクロールイベントでツールバーの色を変える

4/4 レスポンシブデザインの対応(最終的なコード記載)

前回のおさらい

前回は、ログイン前のウェルカムページ(トップページ)に必要なファイルを用意しました。

現状のウェルカムページはこのようになっています。

2020-08-04 09-30-12−2

今回達成すること

今回は「layouts」ディレクトリのwelcome.vueにアイキャッチ画像を設定し、ツールバーにアプリ名とメニューボタンを設置します。

具体的には、5つの実装を行います。

  • アイキャッチ画像のセット
  • 各メニューのタイトルを表示
  • nuxt-i18nに翻訳データを追加
  • ツールバーにアプリ名、ロゴを表示
  • ツールバーにメニューボタンを表示

最終的な完成イメージはこのようになります。

2020-08-05 11-41-29

コンテナを起動しておく

まずはベースとなる「layout」ディレクトリのwelcome.vueを完成させます。

Dockerコンテナを起動しておきましょう。

root $ docker-compose up

welcome.vueにアイキャッチ画像をセットする

アイキャッチ画像にはURLでダミー画像を取得できるLorem Picsum(ロレムピクサム)を使用します。

Vuetifyのv-imgを追加し、画像はURLで指定します。

front/layouts/welcome.vue
<template>
  <v-app>
    <wel-app-bar />

    <!-- 追加 -->
    <v-img
      dark
      src="https://picsum.photos/id/20/1920/1080?blur=5"
      gradient="to top right, rgba(19,84,122,.6), rgba(128,208,199,.9)"
      :height="imgHeight"
    >
      <v-row
        align="center"
        justify="center"
        :style="{ height: `${imgHeight}px` }"
      >
        <v-col
          cols="12"
          class="text-center"
        >
          <h1 class="display-1 mb-4">
            未来を作ろう。ワクワクしよう。
          </h1>
          <h4
            class="subheading"
            :style="{ letterSpacing: '5px' }"
          >
            中小企業に特化した事業計画策定ツール
          </h4>
        </v-col>
      </v-row>
    </v-img>
    <!-- ここまで -->
	  ...
  </v-app>
</template>

<script>

export default {
	...
  data () {
    return {
      imgHeight: 500, // 追加
      ...
  }
}
</script>
  • src="https://picsum.photos/id/20/1920/1080?blur=5" …ロレムピクサムより画像を取得。

    id 20の画像を横 1920px、縦 1080pxで取得しています。

    blurはぼかしの度合いで1 ~ 10の値を指定します。

  • gradient="グラデーションCSS" … イメージの上にグラデーションを乗せる。
  • :style="{ height: ${imgHeight}px }" … イメージの上に乗せるコンテンツの高さを指定。

    これを指定しないとイメージの上に乗っている文字列が縦中央にきません。

    イメージサイズと同じ高さを指定する必要があるので、高さの値は変数で指定しています。

welcome.vueのメニュータイトルを表示する

各メニューのタイトルを表示します。

welcome.vueのアイキャッチ画像以下のループ内に、Vuetifyのv-cardを追加しましょう。

front/layouts/welcome.vue
...
<v-sheet>
  <v-container
    fluid
    :style="{ maxWidth: '1280px' }"
  >
    <v-row
      v-for="(menu, i) in menus"
      :key="`menu-${i}`"
    >

      <!-- 追加 -->
      <v-col
        cols="12"
      >
        <v-card flat>
          <v-card-title class="justify-center display-1">
            {{ $t(`menus.${menu.title}`) }}
          </v-card-title>
          <v-card-text class="text-center">
            {{ menu.subtitle }}
          </v-card-text>
        </v-card>
      </v-col>
      <!-- ここまで -->

      <v-col cols="12">
        <div :is="`wel-${menu.title}`" />
      </v-col>
    </v-row>
  </v-container>
</v-sheet>
  • $t('menus.${menu.title}') … nuxt-i18nの日本語変換用のメソッドを使用。

    $tに渡す文字列はオプジェクトパスを指定します。

    上記のJavaScriptを展開すると'menus.about'のような文字列になります。

このままではメニュータイトルは英語のままです。

次はnuxt-i18nモジュールの翻訳データを追加しましょう。

nuxt-i18nに翻訳データを追加する

nuxt-i18nの日本語変換用ファイルja.jsonに各メニューのタイトルを追加します。

front/locales/ja.json
{
  // 追加
  "menus": {
    "about": "サイトについて",
    "products": "製品",
    "price": "価格",
    "contact": "お問合せ",
    "company": "会社情報"
  },
  // ここまで
  "title": {
    "signup": "会員登録",
    "login": "ログイン"
  }
}

ここまでの変更を確認しよう

ブラウザからhttp://localhost:8080/にアクセスしてみましょう。

アイキャッチ、各メニューのタイトルが表示されています。

2020-08-04 14-51-15

各メニューのコンテンツは別々のコンポーネントファイルに切り分け、それぞれのファイルで編集します。

  • 緑の領域 … welcome.vueで構成。
  • 赤の領域 … 各メニューのコンポーネントファイルで構成。

ツールバーにアプリ名・ロゴを表示する

ツールバーに「アプリ名」と「ロゴ」を表示します。

実行手順

  1. アプリ名は汎用性を考え、.envファイルを使った環境変数として用意します。
  2. アプリロゴはログイン後も使用するため、コンポーネントファイルを用意します。

それぞれを設定していきましょう。

1. アプリ名を環境変数に設定する

まずは環境変数を置く.envファイルを「front」ディレクトリ直下に作成します。

root $ touch front/.env

.envにはAPP_NAMEの変数を作成します。

アプリ名はご自由に。

front/.env
APP_NAME=BizPnanner

続いてnuxt.config.jsに環境変数をフロントエンドで使用する設定を行います。

具体的にはpublicRuntimeConfigプロパティに環境変数を登録すればOKです。

front/nuxt.config.js
...
publicRuntimeConfig: {
  appName: process.env.APP_NAME // 追加
},

フロント側では$config.appNameで呼び出しできます。

ツールバーを表示するwelAppBar.vueに表示してみましょう。

ツールバーにはVuetifyのv-app-barを使用します。

front/components/welcome/welAppBar.vue
<!-- まるっと書き換え -->
<template>
  <v-app-bar
    app
    dark
  >
    <v-toolbar-title>
      {{ appName }}
    </v-toolbar-title>
  </v-app-bar>
</template>

<script>
export default {
  data ({ $config: { appName } }) {
    return {
      appName
    }
  }
}
</script>
  • app … このバインドキーをつけることで上部に固定されるツールバーになる。
  • $config … Nuxt.js v2.13から追加されたコンテキスト。

    このオブジェクトにはnuxt.config.jspublicRuntimeConfigプロパティで設定した値が入っています。

おお!ちゃんと表示されました。

2020-08-04 15-35-56

上手く表示されない場合、.envファイルが正しく読み込まれていない可能性があります。

Nuxt.jsの再起動を試してください。

root $ docker-compose restart front

2. アプリの共通ロゴを作成する

アプリのロゴは「components」ディレクトリ直下の「ui」ディレクトリで管理します。

この「ui」ディレクトリは、その他ボタンなどのUI部品を置くディレクトリとなります。

appLogo.vueを作成しましょう。

root $ mkdir front/components/ui && touch $_/appLogo.vue

ロゴにはVuetifyのv-avaterを使用します。

front/components/ui/appLogo.vue
<template>
  <v-avatar
    color="black"
    size="34"
    class="my-app-log"
  >
    <span class="white--text text-subtitle-2">
      Biz
    </span>
  </v-avatar>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

<style lang="scss" scoped>
.my-app-log {
  margin-right: 8px;
  cursor: pointer;
}
</style>

welAppBar.vueから呼び出して表示を確認してみましょう。

front/components/welcome/welAppBar.vue
<template>
  <v-app-bar
    app
    dark
  >
    <!-- 追加 -->
    <app-logo />
    ...
</template>
...

ちょっとダークで見えづらいですが、ちゃんと表示されました。

2020-08-04 17-51-07

ツールバーにメニューボタンを表示する

ツールバーにメニューボタンを表示させましょう。

メニューボタンは、各メニュータイトルと一致しなければならないため、welcome.vueと同じデータを使用します。

メニューデータをpropsで受け渡す

welcome.vueで使用しているメニュー配列を、welAppBar.vueに渡します。

これにはコンポーネント間のデータのやり取りを行うVue.jsのpropsを使用します。

まずは親コンポーネントのwelcome.vueにバインドキーを追加しましょう。

front/layouts/welcome.vue
<template>
  <v-app>
    <!-- 編集 -->
    <wel-app-bar 
      :menus="menus"
    />
    ...

続いて子コンポーネントのwelAppBar.vueでメニューの配列を受け取ります。

受け取ったメニューはv-toolbar-items内でループして表示させます。

front/components/welcome/welAppBar.vue
<template>
  <v-app-bar
    app
    dark
  >
    ...
    <!-- 追加 -->
    <v-spacer />

    <v-toolbar-items class="ml-2">
      <v-btn
        v-for="(menu, i) in menus"
        :key="`menu-btn-${i}`"
        text
      >
        {{ $t(`menus.${menu.title}`) }}
      </v-btn>
    </v-toolbar-items>
    <!-- ここまで -->
  </v-app-bar>
</template>

<script>
export default {
  // 追加
  props: {
    menus: {
      type: Array,
      default: () => []
    }
  },
  data ({ $config: { appName } }) {
    return {
      appName
    }
  }
}
</script>
  • <v-spacer /> … Vuetifyのコンポーネントで、このタグ以下のHTML要素は右寄せになる。
  • default: () => []propsで配列のデフォルト値を指定するときはアロー関数で指定する。

    上記は、default: function () { return [] }の省略記法となります。

まだ押しても何にもなりませんが、メニューが表示されましたね。

2020-08-04 18-19-26

コミットしておこう

以上で今回の作業は終了です。

変更をコミットしましょう。

root $ cd front
front $ git add -A
front $ git commit -m "add_eyecatch_menus"
front $ cd ..
root $ # 戻っておく

まとめ

今回はログイン前のベースレイアウトであるwelcome.vueを構築し、ツールバーにアプリ名とメニューボタンを配置しました。

ロゴやアプリ名はみなさんの好きなものに変更してくださいね。

次回は?

次回は、今回作ったツールバーのスタイル、機能を完成させます。

スクロールを検知して色を変化させたり、クリックするとメニューまで移動したり、Vuetifyを使ったテクニックがてんこ盛りです。

どうぞ↓下の記事リストへお進みください。

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
【随時更新】アプリケーション仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
【随時更新】このカテゴリーの歩き方
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
デプロイ準備。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
7. モデル開発事前準備 #02
【Rails6】モデル開発に必要なGemのインストールとHirb.enableの自動化
7. モデル開発事前準備 #03
【Docker+Rails】A server is already running. Check /tmp/pids/server.pidエラーの対応
7. モデル開発事前準備 #04
【Docker】<none>タグのイメージを一括削除する & Rails .gitignoreの編集
8. ユーザーモデル開発 #01
Railsユーザーモデル作成。テーブル設計・ユーザー認証設計を理解する
8. ユーザーモデル開発 #02
Railsユーザーモデルのバリデーション設定(has_secure_password解説)
8. ユーザーモデル開発 #03
Railsバリデーションエラーメッセージの日本語化(ja.yml設定方法)
8. ユーザーモデル開発 #04
EachValidatorクラスのカスタムバリデーション設定(Rails6/lib以下読込)
8. ユーザーモデル開発 #05
Rails環境ごとにSeedデータ切り替えるseeds.rbの書き方
8. ユーザーモデル開発 #06
Rails6から導入された並列テストを理解する
8. ユーザーモデル開発 #07
Railsユーザーモデルバリデーションテスティング(name/email/password)
8. ユーザーモデル開発 #08
Nuxt.jsからRailsのユーザーテーブルを取得しHerokuにデプロイする
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #02
Docker AlpineベースのNode.js上で動くNuxt.jsにVuetifyを導入する
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #03
VuetifyにカスタムCSSを導入してオリジナルブレイクポイントを作る
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #04
Nuxt.jsにnuxt-i18nを導入して国際化に対応する
10. ログイン前のレイアウト構築 #01
Nuxt.jsのレイアウト・ページ・コンポーネントの役割を理解しよう
10. ログイン前のレイアウト構築 #02
Nuxt.js ウェルカムページを構成するコンポーネントファイル群を作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #04
Nuxt.js addEventListenerでスクロールを検知しツールバーの色を変化させよう(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #05
Nuxt.js ウェルカムページをレスポンシブデザインに対応させよう(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #06
Nuxt.js 会員登録ページのレイアウトファイルを作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #07
Nuxt.js 名前、メール、パスワードのコンポーネントファイルを作成しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #08
Nuxt.js 親子コンポーネント間の双方向データバインディングを実装する(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #09
Nuxt.js Vuetifyのv-text-fieldを使った会員登録フォームのバリデーション設定(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #10
Nuxt.js ログインページ実装とHerokuデプロイまで(router. replaceとpushの違いとは)
11. ログイン後のレイアウト構築 #01
Nuxt.js ログイン後のツールバーを作成しよう(inject解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #02
Nuxt.js アカウントメニューページ・ログアウト機能を実装しよう(nuxt-child解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ログイン後のトップページにプロジェクト一覧を表示しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #04
Nuxt.js プロジェクトページにVuetifyのナビゲーションドロワーを追加しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #05
Nuxt.js paramsIDからプロジェクトを検索してVuexに保存しよう
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集