Udemy 9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
2020年07月22日に更新

【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点

Nuxt.jsのバージョンが2.13以上の方はこの記事を読み飛ばしてください。

今回達成すること

Nuxt.js v2.13が2020/6/19にリリースされました。

今回は、リリースに伴いDockerコンテナ上のNuxt.jsを2.13にバージョンアップします。

また、v2.13からの6つの新機能と2つの変更点、計8つのポイントについて解説していきます。

  1. クローラーの内臓【New】
  2. targetプロパティの追加【New】
  3. nuxt exportコマンドの追加【New】
  4. generateコマンドの非推奨
  5. 利用可能なコマンドの変更
  6. コンポーネントファイルの自動読み込み【New】
  7. RuntimeConfigの追加【New】
  8. Telemetryプロパティの追加【New】

それでは作業に入りましょう。

ブランチ切っとく

「front」ディレクトリ上の作業になりますので移動しておきましょう。

root $ cd front

大きな変更になるのでブランチを切ります。

front $ git checkout -b 20200717_nuxt_v2.13_versionup
front $ git branch

* 20200717_nuxt_v2.13_versionup

Nuxt.js v2.13バージョンアップ手順

バージョンアップはNuxt.js公式アップグレードガイドに従います。

アップグレード - Nuxt.js

1. package.jsonのバージョンを書き換える

package.jsonnuxtと、eslintを最新のバージョンに書き換えます。

それに伴い、ESLintのスクリプトも変わりました。

package.jsonにはコメントが付けれません。下記コードはコピペしないでください。

front/package.json
{
  "name": "app",
  "version": "1.0.0",
  "description": "My stunning Nuxt.js project",
  "author": "andou",
  "private": true,
  "scripts": {
    "dev": "nuxt",
    "build": "nuxt build",
    "start": "nuxt start",
    "generate": "nuxt generate",
    "lint": "eslint --ext .js,.vue --ignore-path .gitignore .",    // 削除
    "lint:js": "eslint --ext .js,.vue --ignore-path .gitignore .", // 追加
    "lint": "yarn lint:js" // 追加
  },
  "dependencies": {
    "nuxt": "^2.13.0", // v2.13.0に書き換え
    "@nuxtjs/axios": "^5.3.6"
  },
  "devDependencies": {
    "@nuxtjs/eslint-config": "^3.0.0", // v3.0.0に書き換え
    "@nuxtjs/eslint-module": "^2.0.0", // v2.0.0に書き換え
    "babel-eslint": "^10.1.0",         // v10.1.0に書き換え
    "eslint": "^7.2.0",                // v7.2.0に書き換え
    "eslint-plugin-nuxt": "^1.0.0"     // v1.0.0に書き換え
  }
}
  • ^(キャレット) … バージョン2のうち、2.13以上の最新のものを指定。

2. yarn.lockファイルを削除する

yarn.lockファイルを削除しましょう。

パッケージインストール後に自動で作られるので恐ることはありません。

front $ git rm yarn.lock

rm 'yarn.lock'

3. node_modulesディレクトリを削除

モジュールと夢が詰まった「node_modules」ディレクトリを削除します。

front $ rm -rf node_modules
  • rm … ファイルを削除するLinuxコマンド。

    「node_modules」はGitの管理下ではないのでgit rmコマンドは使いません。

  • r … 隠しファイルやサブディレクトリを含むディレクトリのコンテンツを削除する。
  • f … 削除確認を省略する。

4. パッケージをインストールする

それではパッケージを再インストールします。

「root」ディレクトリ上で$ yarn installを実行しましょう。

front $ cd ..
root  $ docker-compose run --rm front yarn install

5. Nuxt.jsのバージョンを確認

バージョンは2.13上になっているか確認します。

root $ docker-compose run --rm front yarn list --pattern nuxt

...
└─ nuxt@2.13.3

OK!!

6. 実行を確認

無事バージョンアップできたかNuxt.jsを起動して確認してましょう。

root $ docker-compose up

http://localhost:8080/ にアクセスして前回と同じ表示だったらOKです。

確認が取れたらコンテナを削除します。

root $ 「control」+「C」
root $ docker-compose down

7. nuxt.config.jsをv2.13用に編集する

v2.13からの新機能を利用するためにnuxt.config.jsを編集します。

下記3つのプロパティを追加します。

target: 'server'
components: true
publicRuntimeConfig: {}

変更後のnuxt.config.jsはこのようになりました。

front/nuxt.config.js
export default {
  mode: 'spa',

  // 追加
  // Doc: https://ja.nuxtjs.org/blog/going-full-static/
  target: 'server',

  head: {
    title: process.env.npm_package_name || '',
    meta: [
      { charset: 'utf-8' },
      { name: 'viewport', content: 'width=device-width, initial-scale=1' },
      { hid: 'description', name: 'description', content: process.env.npm_package_description || '' }
    ],
    link: [
      { rel: 'icon', type: 'image/x-icon', href: '/favicon.ico' }
    ]
  },
  loading: { color: '#fff' },

  css: [
  ],

  plugins: [
    'plugins/axios'
  ],

  // 追加
  // Doc: https://nuxtjs.org/api/configuration-components
  components: true,

  buildModules: [
    // Doc: https://github.com/nuxt-community/eslint-module
    '@nuxtjs/eslint-module'
  ],

  modules: [
    // Doc: https://axios.nuxtjs.org/usage
    '@nuxtjs/axios'
  ],

  // 追加
  // public ENV
  // Doc: https://nuxtjs.org/guide/runtime-config/
  publicRuntimeConfig: {},

  axios: {
  },

  build: {
    // 削除
    // extend (config, ctx) {
    // }
  }
}

8. package.jsonに新コマンドを追加する

v2.13から追加されたexportserveコマンドを書き足しましょう。

同時に非推奨(v3では削除予定)のgenerateコマンドは削除します。

front/package.json
...
"scripts": {
  "dev": "nuxt",
  "build": "nuxt build",
  "start": "nuxt start",
  "export": "nuxt export",     // 追加
  "serve": "nuxt serve",       // 追加
  "generate": "nuxt generate", // 削除
  "lint:js": "eslint --ext .js,.vue --ignore-path .gitignore .",
  "lint": "yarn lint:js"
},

9. テレメトリーファイルをGitの管理外に

Docker環境のみ作成される.nuxtrcファイルをGitの管理外とします。

このファイルはテレメトリーのログファイルです。.gitignoreの一番下に追記しましょう。

front/.gitignore
# 追加
# Nuxt.js テレメトリーファイル
# Doc: https://nuxtjs.org/api/configuration-telemetry/
/.nuxtrc

以上でNuxt.js v2.13への完全な移行が完了しました。

Nuxt.js v2.13からの6つの新機能と2つの変更点

Nuxt.js v2.13からの6つの新機能が追加されました。

それに伴い2つの大きな変更がありました。

  1. クローラーの内臓【New】
  2. targetプロパティの追加【New】
  3. nuxt exportコマンドの追加【New】
  4. generateコマンドの非推奨
  5. 利用可能なコマンドの変更
  6. コンポーネントファイルの自動読み込み【New】
  7. RuntimeConfigの追加【New】
  8. Telemetryプロパティの追加【New】

1. 内部クローラーで動的ルーティングを自動生成

Nuxt.js v2.13からクローラーが内臓されました。

これにより動的ルーティングを自動生成してくれます。

v.2.12以前

下記のようなファイル構成のルーティングは手動で追加する必要がありました。

pages
└── posts
    └── slug.vue
nuxt.config.js(v.2.12以前)
generate: {
  routes: [
    '/posts/test1',
    '/posts/test2',
    '/posts/test3'
  ]
}

実務的には$ yarn generateコマンドの実行時にapiを取得し、そこから動的ルーティングを追加していました。

nuxt.config.js(v.2.12以前)
generate: {
  fallback: true,
  routes () {
    const client = require('./plugins/contentful')
    return Promise.all([
      client.getEntries({ content_type: 'category' }),
      client.getEntries({ content_type: 'blogPost' })
    ]).then(([categories, posts]) => {
      return [
        ...categories.items.map((cat) => {
          return { route: `categories/${cat.fields.slug}`, payload: cat }
        }),
        ...posts.items.map((post) => {
          return { route: `posts/${post.fields.slug}`, payload: post }
        })
      ]
    })
  }
}

v.2.13以後

もう何もしなくて良いんです。

内部クローラーが自動で動的ルーティングを生成してくれます。

payloadは利用不可

クローラーによる動的ルーティングの自動生成は、payloadを使ってオブジェクトを取得しようとした場合、ビルド時にエラーを吐きます。

v.2.13からは使わないでください。

payloadの詳細 payloadによる動的ルーティング生成の高速化 - Nuxt.js

クローラーから一部のルートを除外する

クローラーから一部のルートを除外する場合はexcludeを使います。

nuxt.config.js
generate: {
  exclude: [
    /^\/admin/ // path starts with /admin
  ]
}

クローラーにルートを追加する

クローラーが検出できないルートについては、引き続きroutes()を使用します。

nuxt.config.js
generate: {
  routes () {
    'posts/test4'
  }
}

クローラーの無効化

クローラーを無効化することもできます。

nuxt.config.js
generate: {
  crawler: false // クローラーの無効化
}

参考 API: The generate Property - Nuxt.js

generateのエイリアスexportを追加

上記generateプロパティはexportに書き換えることができます。

双方ともNuxt.js v3で残る予定です。

2. targetプロパティの追加

nuxt.config.jsに新しいtargetプロパティが追加されました。

※ このオプションは主にUniversalモードで活用します。

nuxt.config.js
export default {
  target: 'static' // (server || static)
}

2つの値が用意されています。

1. server(デフォルト)

サーバーサイドレンダリング用モード。

Nuxt.js v2.12以前のUniversalモードと変わりない動きをする認識でOKです。

断言できず。情報少なし。

2. static

静的サイト用、事前レンダリングモード。

staticモードは、Nuxt.jsに静的HTMLファイルを出力するように伝えます。

Nuxt.jsアプリをあらかじめHTMLファイルに出力することで、超高速なアプリケーションを実現します。

サーバー側でレンダリングする理由がない限り、このモードをおすすめします。

ページ遷移が驚愕のスピードだった…。

SPAモードの場合はどっちにすれば良い?

結論から言うと、SPAモードの場合はtarget: 'server'を指定します。

ユーザー認証型のアプリではstaticモードが使えない

まず前提として、今回のようなユーザー認証型のアプリでは、ユーザー名などの値が動的に変わるのでstaticモードは使用できません。これは公式でも言われています。

例えば、コンテンツがユーザー認証やリアルタイムAPIに依存するアプリケーションには使用できません(少なくとも最初のロード時には)

引用 Commands and Deployment - Nuxt.js

serverモードはSPAモードでもサーバサイドレンダリングされるのか?

ただ、serverモードを使用すればサーバサイドレンダリングが行われるのでは?と疑問が残ります。

そこでサーバサイドレンダリング時にエラーを吐く、JavaScriptのwindowオブジェクトを使ってHerokuにデプロイしてみました。

Nuxt.js SPAモード + target: ‘server’ でのHerokuデプロイ

2020-07-17 22-19-28

画像の通り、エラーなくブラウザのウィンドウ幅を取得できました。

これはサーバ側でのレンダリングは行われていないと言うことです。

このことから、SPAモードではtarget: 'server'を指定する方が適切だと判断しました。

間違った判断の場合ご指摘ください。早急に対応いたします。

3. nuxt exportコマンドの追加

staticモードの追加に伴い、新しいnuxt exportコマンドが追加されました。

Nuxt.jsアプリを「dist」ディレクトリに静的HTMLとしてエクスポートします。

※ このコマンドはstaticモードの場合に使用できます。

package.json
"scripts": {
  "export": "nuxt export"
}

exportコマンドの注意点

このコマンドを実行する前は、必ずnuxt buildを実行しなければなりません。

コマンドで表すと下記の通りです。

$ yarn build && yarn export

4. generateコマンドの非推奨

exportコマンドの追加により、generateコマンドが非推奨となりました。

Nuxt.js v2系では正常に動いていますが、将来のv3では削除されます。

5. targetによって変わる利用可能なコマンド

targetプロパティの値により利用できるコマンドが変わります。

server

  • nuxt dev … 開発モードのサーバを起動する。
  • nuxt build … 本番環境用にビルド(webpackでのアプリ構築、JS・CSSを最小化)する。
  • nuxt start … 本番モードのサーバを起動する。

static

  • nuxt dev … 開発環境用のサーバを起動する。
  • nuxt build … 本番環境用にビルドする。
  • nuxt export … すべてのルートをHTMLファイルとして「dist」ディレクトリに生成する。
  • nuxt serve … 本番モードのサーバを起動、「dist」ディレクトリの読み込み。

参考 Going Full Static - Nuxt.js

targetによって変わる本番環境のnuxtコマンド

targetの値によって本番環境のコマンドも変化します。

NetlifyとHerokuのケースをご紹介します。

Netlify + static の本番環境コマンド

ブログやホームページなどの静的サイトは、基本的にtarget: staticモードを使用しましょう。

Netlifyに登録するコマンドはこのようになります。

yarn build && yarn export

Netlify + server の本番環境コマンド

target: serverを指定した場合はgenerateコマンドが必要です。

まずpackage.jsonにコマンド追加して、

package.json
"scripts": {
  "generate": "nuxt generate"
},

Netlifyにはこのコマンドを登録します。

yarn build && yarn generate

generateコマンドはNuxt v3で削除されますが、これ以外のデプロイ方法は見つかりませんでした。

以上のことも含めstaticモードをおすすめします。

Heroku + server の本番環境コマンド

Nuxt.jsのSPAモードは基本的にserverモードを使用します。

本番環境の起動コマンドはこのようになります。

yarn build && yarn start

Heroku + static の本番環境コマンド

staticモードで「start」コマンドは使えません。

本番環境の起動コマンドはこのようになります。

yarn build && yarn export && yarn serve

6. コンポーネントファイルの自動インポート

コンポーネントファイルが自動でインポートされるようになりました。

もう忌々しいimport文は必要ありません。

v 2.12以前

コンポーネントを読み込むにはファイルをインポートしてcomponentsに登録する必要がありました。

vueファイル
<template>
  <div>
    <my-btn />
  </div>
</template>

<script>
import myBtn from '~/components/ui/myBtn'

export default {
  components: {
    myBtn
  }
}
</script>

v 2.13以後

nuxt.config.jscomponentsプロパティが追加されました。

trueの場合は「components」ディレクトリ以下のファイルが自動で読み込まれるようになりました。

nuxt.config.js
components: true

もうimport文とcomponentsへの登録は必要ありません。

vueファイル
<template>
  <div>
    <my-btn />
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

推奨されるコンポーネントファイル名

呼び出しコンポーネント名はファイル名となります。

つまり、コンポーネント名が重複すると正しく読み取ることができません。

公式ではコンポーネント名にディレクトリ名を付けることが推奨されています。

コンポーネントファイルパス
components
└── ui
    └── uiBtn.vue
vueファイル
<ui-btn />

数字が付くコンポーネントファイルの呼び出し

名前に数字が付いたコンポーネントファイルの場合。

components
└── ui
    ├── uiBtn1.vue
    ├── uiBtn2.vue
    └── uiBtn3.vue

呼び出し名はui-btn-1のように「-」で区切る必要があります。

vueファイル
<template>
  <div>
    <ui-btn-1 />
    <ui-btn-2 />
    <ui-btn-3 />
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

命名規則のカスタマイズ(prefixオプション)

呼び出しコンポーネント名はカスタマイズも可能です。

例えば「ui」ディレクトリのボタンをmy-btnで呼び出したい場合はprefixオプションを使います。

このオプションを使えば、同じファイル名のコンポーネントも正しく読み取ることができます。

nuxt.config.js
components: [
  '~/components/', // その他のコンポーネントを呼び出し
  {
    path: "~/components/ui/",
    prefix: "my"
  }
],
コンポーネントファイルパス
components
├── btn.vue
└── ui
    └── btn.vue
vueファイル
<template>
  <div>
    <btn />
    <my-btn />
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

参考 @nuxtjs/components - GitHub

自動インポートの挙動が不安定な部分

componentsプロパティのv 2.13.3時点で未対応、もしくは挙動が不安定な部分を頭に入れておきましょう。

新機能の情報しか出てこない今、実務でハマりやすいポイントです。

1. isプロパティは挙動が不安定

コンポーネントをisプロパティで呼び出しできません。

ただし、同じコンポーネントを同じファイル内で呼び出せばisプロパティも読み込まれます。

vueファイル
<template>
  <div>
    <!-- この場合はエラーとなる -->
    <div is="ui-btn-1" />
    <!-- こいつを読み込めばisプロパティも正常に読み込まれる -->
    <!-- <ui-btn-1 /> -->
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

挙動が不安定なため、import文を追加して対応しましょう。

vueファイル
<template>
  <div is="ui-btn-1" />
</template>

<script>
import uiBtn1 from '~/components/ui/uiBtn1'

export default {
  components: {
    uiBtn1
  }
}
</script>

2. 動的コンポーネントには未対応

v2.13.3時点で動的コンポーネントには未対応です。(公式ブログより)

こちらもimport文で対応します。

vueファイル
<template>
  <div>
    <button
      type="button"
      name="button"
      @click="isClick = !isClick"
    >
      コンポーネントを切り替える
    </button>
    <div :is="buttonComponent" />
  </div>
</template>

<script>
import uiBtn1 from '~/components/ui/uiBtn1'
import uiBtn2 from '~/components/ui/uiBtn2'

export default {
  components: {
    uiBtn1,
    uiBtn2
  },
  data () {
    return {
      isClick: false
    }
  },
  computed: {
    buttonComponent () {
      return this.isClick ? 'ui-btn-2' : 'ui-btn-1'
    }
  }
}
</script>

7. RuntimeConfigの追加

環境変数を置く.envファイルがデフォルトで読み込まれるようになり、@nuxtjs/dotenvモジュールのインストールが不要となりました。

nuxt.config.jsには2つのプロパティが追加されました。

nuxt.config.js
export default {
  publicRuntimeConfig: {},
  privateRuntimeConfig: {}
}

1. publicRuntimeConfig

ここに登録した環境変数は、サーバーとクライアントの両方で使用できます。

サイト名やサイトURLなどの公開用環境変数を保持します。

.env
BASE_NAME=サイト名
BASE_URL=http://localhost:8080

登録名はJavaScriptの命名規則(キャメルケース)に従います。

nuxt.config.js
publicRuntimeConfig: {
  baseName: process.env.BASE_NAME,
  baseUrl: process.env.BASE_URL
}

Vueファイルからの呼び出しは$configで行います。

vueファイル
<template>
  <div>
    {{ $config.baseName }}
    {{ $config.baseUrl }}
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

コンテキストからの呼び出しも$configを使います。

vueファイル
<template>
  <div>
    {{ baseName }}
    {{ baseUrl }}
  </div>
</template>

<script>
export default {
  asyncData ({ $config }) {
    return {
      baseName: $config.baseName,
      baseUrl: $config.baseUrl
    }
  }
}
</script>

コンテキストにはこんな呼び出し方もあります。

vueファイル
export default {
  asyncData ({ $config: { baseName, baseUrl } }) {
    return { baseName, baseUrl }
  }
}

2. privateRuntimeConfig

ここに登録した環境変数はサーバーでのみ使用できます。

主に公開すべきではない重要な環境変数を保持します。

nuxt.config.js
privateRuntimeConfig: {
  apiKey: process.env.API_KEY
}

.envファイルに登録した環境変数は参照可能

.envファイルに登録した環境変数は、privateRuntimeConfigに登録しなくてもSSR時に参照できます。

vueファイル
export default {
  created () {
    console.log(process.env)
  }
}
ターミナル
  ...
  API_KEY: 'my-api-key',
  BASE_NAME: 'サイト名'
}

となると、privateRuntimeConfigはいつ使うんだ?と疑問が出ましたが、答えはまだ見つかっていません。

envプロパティは引き続き利用可能

今まで使っていたenvプロパティは引き続き利用可能です。

ここには実行時ではなく、NODE_VERSION=1.1.1のようなビルド時に必要な環境変数を登録します。

Contentfulで使用する環境変数

Contentfulで使用するspace_idaccess_tokenenvプロパティに登録します。

nuxt.config.js
env: {
  CTF_SPACE_ID: process.env.CTF_SPACE_ID,
  CTF_CDA_ACCESS_TOKEN: process.env.CTF_CDA_ACCESS_TOKEN,
  CTF_PREVIEW_API_KEY: process.env.CTF_PREVIEW_API_KEY
}

privateRuntimeConfigに渡しても記事は取得できますが、フロントサイドでエラーが出ます。

contentful.jsのようなプラグインファイルで使用する環境変数は、引き続きenvプロパティを使えば良いと思います。

参考

Moving from @nuxtjs/dotenv to runtime config - Nuxt.js

Runtime Config - Nuxt.js

8. Telemetryプロパティの追加

Nuxtアプリの使用情報を匿名で収集するtelemetryが追加されました。

Nuxt.jsは下記の情報を収集します。

  • 呼び出したコマンド(nuxt dev, nuxt build など)
  • Nuxt.js と Node.js のバージョン
  • 一般的なマシン情報 (MacOS/Linux/Windows、CI内でコマンドが実行されている場合はCI名)
  • nuxt generate または nuxt export を使用している場合に、Webpack のビルド時間とアプリケーションの平均サイズ、および生成統計情報
  • プロジェクトの依存関係(Nuxt モジュール)

Telemetryの有効・無効の確認

Telemetryが有効か無効かを確認するには環境変数にデバッグ変数を登録します。

.env
NUXT_TELEMETRY_DEBUG=1

無効の場合、Nuxt起動時に「無効である」と表示されるだけです。

ターミナル
$ yarn dev
...
ℹ Telemetry enabled

有効の場合、テレメトリーIDと、送信内容が表示されます。

ターミナル
$ yarn dev
...
ℹ Telemetry enabled                                                                              
ℹ Seed generated: 6e9289cadf13cafc
...
ℹ Sending events: {
  "timestamp": 1595141779681,
  "context": {
    "nuxtVersion": "2.13.3",
    "isEdge": false,
    "nodeVersion": "12.6.0",
    "cli": "nuxt",
    "os": "darwin",
    "environment": "unknown",
    "projectHash": "2230631a784f5b79",
    "projectSession": "c026118c2e174004"
  },
  ...

Telemetryを無効にする

無効にする場合はnuxt.config.jstelemetryプロパティを追加します。

nuxt.config.js
telemetry: false

もしくは環境変数に下記値を設定します。

.env
NUXT_TELEMETRY_DISABLED=1

Telemetryを有効にする

有効にしたい場合はnuxt.config.jstelemetryプロパティにtrueを渡します。

nuxt.config.js
telemetry: true

参考 nuxt/telemetry - GitHub

以上でNuxt.js v2.13の新機能解説を終わります。

Herokuにpushする

「front」ディレクトリに移動してHerokuにpushしましょう。

root $ cd front
front $ git add -A
front $ git commit -m "updated_nuxt_v2.13.3"
front $ git checkout master
front $ git merge 20200717_nuxt_v2.13_versionup
front $ git push
front $ git push heroku

デプロイが終わったら、本番環境でも正しく動いていることを確認してください。

終わりに

いろいろ便利になった反面、また覚えることが増えましたね。とほほ。

Nuxt.js v2.13からの新機能は v3を見据えたバージョンアップとなっています。

早めに対応してNuxt.js v3 の公開に備えましょう。

次回は?

Nuxt.jsにVuetifyを導入します。

ただ今のDockerfileままでVuetifyをインストールするとエラーが出てます。

そのエラー対応についても解説していきます。

どうぞ下の記事リストへ(↓GO💨)

(コラム)target: staticでもSEO対策はできる?

これは筆者の壮大な勘違いの覚書きです。

筆者は当初「SEO対策するにはサーバーサイドレンダリングを行わなければならない」と思い込んでいました。

サーバーサイドレンダリングとは、Nuxt.jsのコードをサーバー側でHTMLファイルに変換することです。

Nuxt.js v2.12以前はこの考えで間違いありません。

しかしtargetオプションが追加された今、SEO対策はどのように考えればいいでしょうか。

SEOに必要なのは?

そもそもクローラーは、サーバのHTMLファイルを読み取っています。

本質を考えると、SEO対策に必要なのは「サーバ側でのレンダリング」ではなく「サーバのHTMLファイル」と言うことです。

staticモードの動き

staticモードは、事前にコンパイルしたファイルを「dist」ディレクトリに吐き出します。

コンパイルとは、Nuxt.jsのコードを純粋なhtml/css/javascriptに変換することです。

つまり、サーバにはHTML・CSS・JavaScriptで構成されたファイルが存在するため、staticモードでもSEO対策は十分に可能と言うことです。

Twitterクローラーで試してみた

試しにTwitterクローラーが正しくOGPを読み取っているか確認してみました。

OGPとは

OGPとは、SNS上でWebサイトの情報を伝えるために定められた規約のことです。

OGPが読み込まれると、URLの内容を読み取ってカード形式等で表示されます。

検証判断

OGPの読み取りはサーバのHTMLファイルを参照します。

もしTwitterクローラーがOGPを正しく読み取った場合、サーバにHTMLファイルが存在することが証明されます。

検証結果

Nuxt.jsで構築したブログサイトにmetaダグを設定し、Netlifyにデプロイして実験しました。

結果、OGPは正しく読み取りできており記事の内容がTwitterに表示されました。

結論

Nuxt.jsのUniversalモードでtarget: 'static'を選択したときでもSEO対策は可能である。

参考 Setting up a full static Nuxt site - VueDose

(コラム終わり)

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
【随時更新】このカテゴリーで作るアプリケーションの仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
【随時更新】このカテゴリーの歩き方
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
デプロイ準備。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
7. モデル開発事前準備 #02
【Rails6】モデル開発に必要なGemのインストールとHirb.enableの自動化
7. モデル開発事前準備 #03
【Docker+Rails】A server is already running. Check /tmp/pids/server.pidエラーの対応
7. モデル開発事前準備 #04
【Docker】<none>タグのイメージを一括削除する & Rails .gitignoreの編集
8. ユーザーモデル開発 #01
Railsユーザーモデル作成。テーブル設計・ユーザー認証設計を理解する
8. ユーザーモデル開発 #02
Railsユーザーモデルのバリデーション設定(has_secure_password解説)
8. ユーザーモデル開発 #03
Railsバリデーションエラーメッセージの日本語化(ja.yml設定方法)
8. ユーザーモデル開発 #04
EachValidatorクラスのカスタムバリデーション設定(Rails6/lib以下読込)
8. ユーザーモデル開発 #05
Rails環境ごとにSeedデータ切り替えるseeds.rbの書き方
8. ユーザーモデル開発 #06
Rails6から導入された並列テストを理解する
8. ユーザーモデル開発 #07
Railsユーザーモデルバリデーションテスティング(name/email/password)
8. ユーザーモデル開発 #08
Nuxt.jsからRailsのユーザーテーブルを取得しHerokuにデプロイする
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #02
Docker AlpineベースのNode.js上で動くNuxt.jsにVuetifyを導入する
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #03
VuetifyにカスタムCSSを導入してオリジナルブレイクポイントを作る
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #04
Nuxt.jsにnuxt-i18nを導入して国際化に対応する
10. 認証アプリのレイアウト設計 #01
Nuxt.jsのレイアウト・ページ・コンポーネントの役割を理解しよう
10. 認証アプリのレイアウト設計 #02
ウェルカムページを構成するコンポーネントファイル群を作成しよう(1/4)
新着
10. 認証アプリのレイアウト設計 #03
ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)
新着
10. 認証アプリのレイアウト設計 #04
addEventListenerでスクロールを検知しツールバーの色を変化させよう(3/4)
新着
10. 認証アプリのレイアウト設計 #05
ウェルカムページをレスポンシブデザインに対応させよう(4/4)
新着
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集