Udemy 11. ログイン後のレイアウト構築 #05
2020年08月24日に公開

Nuxt.js paramsIDからプロジェクトを検索してVuexに保存しよう

今回達成すること

今回は、プロジェクトページの共通設定ファイルを作成します。

この共通設定ファイル内で、ルートに埋め込まれたパラメータIDを取得し、IDと一致するプロジェクトをVuexに保管します。

これが現在選択中のプロジェクト、current.projectになります。


あ、あとはパンくずリストの追加もですね。

完成イメージ

2020-08-24 18-37-24

プロジェクトページの共通設定ファイルを作成する

プロジェクトページに遷移する前に、必ず行う作業を共通設定ファイルとして作成します。

必ず行う作業とは、

  • ユーザーが選択中のプロジェクトをVuexに保管する
  • ユーザーが保有しないプロジェクトIDのページに遷移しようとすると404エラーを出す

この2つです。

プロジェクトページの親ページを作成する

全てのプロジェクトページに上記のロジックを記述するのは大変なので、「project」ディレクトリと同じ名前のproject.vueを「pages」ディレクトリ直下に作成します。

root $ touch front/pages/project.vue

project.vueから<nuxt-child>を使って子コンポーネントを呼び出します。

このファイルは、/project/<id>パスに遷移する際に必ず通過するページとなります。

front/pages/project.vue
<template>
  <nuxt-child />
</template>

<script>
export default {
  async middleware ({ params, store }) {
    return await store.dispatch('getCurrentProject', params)
  },
  validate ({ store }) {
    return !!store.state.current.project
  }
}
</script>
  • middleware () … ルートのパラメーターを取得し、Vuexのcurrent.projectに代入しています。
  • validate () … Vuexのcurrent.projectが存在する場合のみ、プロジェクトページへのアクセスが可能です。

    存在しない場合は404エラーを吐き出します。

Vuexにアクションメソッドを追加する

index.jscurrent.projectに代入するためのアクションメソッドを追加します。

front/store/index.js
...
export const mutations = {
  ...
  // 追加
  setCurrentProject (state, payload) {
    state.current.project = payload
  }
}

export const actions = {
  ...
  // 追加
  getCurrentProject ({ state, commit }, params) {
    const currentProject = state.projects.find(project => project.id === Number(params.id))
    commit('setCurrentProject', currentProject)
  }
}

プロジェクトページに選択中のプロジェクトを表示する

プロジェクトページの6つのファイルを書き換えます。

front/pages/project/_id/components.vue, dashboard.vue, help.vue, layouts.vue, pages.vue, settings.vue
<template>
  <logged-in-container #my-content>
    <!-- 追加 -->
    {{ $store.state.current.project }}
    <!-- 削除 -->
    <!-- {{ $route.fullPath }} -->
  </logged-in-container>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

確認してみよう

http://localhost:8080/project/4/dashboard にアクセスすると、パラメーターIDと一致するプロジェクトが表示されました。

2020-08-24 17-42-04

存在しないプロジェクトID => /project/10/dashboardや、IDを指定しない/projectパスは、404エラーを吐き出します。

2020-08-24 17-47-35

パンくずリストを追加する

パンくずリストの目的は、「ユーザーが今どのページにいるか、ひと目で確認するためのもの」です。

この目的を考慮して、現在のページタイトルをツールバーに表示します。

まずは、「components/loggedIn」ディレクトリ内に「ui」ディレクトリを作成し、その直下にbreadcrumbs.vueを作成しましょう。

root $ mkdir front/components/loggedIn/ui && touch $_/breadcrumbs.vue

「ui」ディレクトリは、ログイン後のUI部品を管理するディレクトリになります。

Vuetifyのパンくずリストを導入する

breadcrumbs.vueにVuetifyのパンくずリストを追加します。

front/components/loggedIn/ui/breadcrumbs.vue
<template>
  <v-breadcrumbs
    :items="items"
  >
    <template v-slot:item="{ item }">
      <v-breadcrumbs-item
        exact
        class="text-truncate"
      >
        {{ item.text }}
      </v-breadcrumbs-item>
    </template>
    <template v-slot:divider>
      <v-icon>
        mdi-chevron-right
      </v-icon>
    </template>
  </v-breadcrumbs>
</template>

<script>
export default {
  computed: {
    items () {
      return [
        { text: this.$my.pageTitle(this.$route.name) }
      ]
    }
  }
}
</script>
  • :items="items" … パンくずリストに表示したいページ名はitemsキーに配列を渡す。

    参考 Breadcrumbs - Vuetify

  • this.$my.pageTitle(this.$route.name) … 現在のルート名をページタイトルに変換する。

    $myはNuxt.jsのinject機能を使ったオリジナルクラスです。こちらの記事で作成しました。

ログイン後のツールバーにパンくずリストを表示する

loggedInAppBar.vueのアプリ名右横に、パンくずリストを追加します。

トップページには表示しないので、v-ifで分岐します。

front/components/loggedIn/header/loggedInAppBar.vue
      ...
      <app-logo />
    </nuxt-link>

		<!-- class 追加-->
    <app-title
      class="hidden-mobile-and-down"
    />

    <!-- パンくずコンポーネント追加 -->
    <breadcrumbs
      v-if="notTopPage"
    />

    <v-spacer />
    ...
</template>

<script>
export default {
  ...
  // 追加
  computed: {
    notTopPage () {
      return this.$route.name !== 'index'
    }
  }
}
</script>

  • notTopPage () … トップページではない時にtrueを返す。

確認してみよう

プロジェクトページに移動してください。

ツールバーにパンくずリストが表示されるようになりました。

2020-08-24 18-37-24

その他、

  • トップページにはパンくずリストが表示されない、
  • モバイルサイズになったらアプリタイトルが非表示になる

ことも確認しておきましょう。

コミット & デプロイ

今回の作業は以上です。

デプロイ前にログインフラグをfalseに戻しておきます。

front/store/index.js
export const state = () => ({
  // falseに変更
  loggedIn: false,
  ...
})

frontディレクトリをコミット&マージする

まずは、コミットとマージを。

root $ cd front
front $ git add -A
front $ git commit -m "created_project_page_layout"
front $ git checkout master
front $ git merge <ブランチ名>

GitHub, Herokuにプッシュする

デプロイ後は本番環境の挙動も確認しておきましょう。

front $ git push
front $ git push heroku
front $ heroku open

ルートディレクトリもGitHubにプッシュする

一区切りが付いたのでルートディレクトリもプッシュします。

# 新しいターミナルを開く「Command」+「T」
front $ cd ..
root $ git commit -am "finished_frontend_layouts"
root $ git push

まとめ

今回は、プロジェクトの共通設定ファイルとパンくずリストを追加しました。

メタタグの設定やリダイレクト処理など、まだまだ山ほどの実装はありますが、とりあえずフロントエンドの大枠は完成です。

お疲れっした!

このチャプターまとめ

チャプター「ログイン後のレイアウト構築」では、以下のことを行いました。

次回は?

次回から新章始まります。

現時点でタイトルは未定ですが、サーバーサイドのRailsと連携したログイン機能・会員登録機能の実装に入ります。

どうぞお楽しみにー!

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
【随時更新】アプリケーション仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
【随時更新】このカテゴリーの歩き方
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
デプロイ準備。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
7. モデル開発事前準備 #02
【Rails6】モデル開発に必要なGemのインストールとHirb.enableの自動化
7. モデル開発事前準備 #03
【Docker+Rails】A server is already running. Check /tmp/pids/server.pidエラーの対応
7. モデル開発事前準備 #04
【Docker】<none>タグのイメージを一括削除する & Rails .gitignoreの編集
8. ユーザーモデル開発 #01
Railsユーザーモデル作成。テーブル設計・ユーザー認証設計を理解する
8. ユーザーモデル開発 #02
Railsユーザーモデルのバリデーション設定(has_secure_password解説)
8. ユーザーモデル開発 #03
Railsバリデーションエラーメッセージの日本語化(ja.yml設定方法)
8. ユーザーモデル開発 #04
EachValidatorクラスのカスタムバリデーション設定(Rails6/lib以下読込)
8. ユーザーモデル開発 #05
Rails環境ごとにSeedデータ切り替えるseeds.rbの書き方
8. ユーザーモデル開発 #06
Rails6から導入された並列テストを理解する
8. ユーザーモデル開発 #07
Railsユーザーモデルバリデーションテスティング(name/email/password)
8. ユーザーモデル開発 #08
Nuxt.jsからRailsのユーザーテーブルを取得しHerokuにデプロイする
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #02
Docker AlpineベースのNode.js上で動くNuxt.jsにVuetifyを導入する
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #03
VuetifyにカスタムCSSを導入してオリジナルブレイクポイントを作る
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #04
Nuxt.jsにnuxt-i18nを導入して国際化に対応する
10. ログイン前のレイアウト構築 #01
Nuxt.jsのレイアウト・ページ・コンポーネントの役割を理解しよう
10. ログイン前のレイアウト構築 #02
Nuxt.js ウェルカムページを構成するコンポーネントファイル群を作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #04
Nuxt.js addEventListenerでスクロールを検知しツールバーの色を変化させよう(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #05
Nuxt.js ウェルカムページをレスポンシブデザインに対応させよう(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #06
Nuxt.js 会員登録ページのレイアウトファイルを作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #07
Nuxt.js 名前、メール、パスワードのコンポーネントファイルを作成しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #08
Nuxt.js 親子コンポーネント間の双方向データバインディングを実装する(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #09
Nuxt.js Vuetifyのv-text-fieldを使った会員登録フォームのバリデーション設定(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #10
Nuxt.js ログインページ実装とHerokuデプロイまで(router. replaceとpushの違いとは)
11. ログイン後のレイアウト構築 #01
Nuxt.js ログイン後のツールバーを作成しよう(inject解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #02
Nuxt.js アカウントメニューページ・ログアウト機能を実装しよう(nuxt-child解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ログイン後のトップページにプロジェクト一覧を表示しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #04
Nuxt.js プロジェクトページにVuetifyのナビゲーションドロワーを追加しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #05
Nuxt.js paramsIDからプロジェクトを検索してVuexに保存しよう
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集