Udemy 11. ログイン後のレイアウト構築 #04
2020年08月24日に公開

Nuxt.js プロジェクトページにVuetifyのナビゲーションドロワーを追加しよう

今回達成すること

プロジェクトページを作成します。

プロジェクト内の各メニューは、Vuetifyのナビゲーションドロワーを使って表示します。

完成イメージ

2020-08-24 16-26-54

メインコンテンツを表示するコンポーネントを作成する

コンテンツを表示する際の余白を各ページ同じ幅にしたいので、コンテナの役割をするコンポーネントファイルを作成します。

「components/loggedIn」ディレクトリ直下に、loggedInContainer.vueを作成しましょう。

root $ touch front/components/loggedIn/loggedInContainer.vue

loggedInContainer.vueは、Vuetifyのv-containerを導入します。

front/components/loggedIn/loggedInContainer.vue
<template>
  <v-container fluid>
    <slot name="my-content" />
  </v-container>
</template>

<script>
export default {
}
</script>
  • slot … このスロット内にプロジェクトのコンテンツを差し込みます。

プロジェクトのメニューページを作成する

続いてプロジェクトの各メニューページを作成します。

Nuxt.jsが生成するリンク

Nuxt.jsでパラメーターによって表示する内容を動的に変更したい場合、アンダーバー(_)を付けたVueファイル、もしくはディレクトリを用意することで動的なリンクが生成されます。

params.id が「1」の場合、生成されるリンク
front/pages/project
└── _id
    ├── components.vue  # /project/1/components
    ├── dashboard.vue   # /project/1/dashboard
    ├── help.vue        # /project/1/help
    ├── layouts.vue     # /project/1/layouts
    ├── pages.vue       # /project/1/pages
    └── settings.vue    # /project/1/settings

プロジェクトメニューのディレクトリ構造

このリンクを生成するために、

  • 「pages」ディレクトリ内に
  • 「project」ディレクトリを作成し、
  • さらにその下に「_id」ディレクトリを作成します。

「_id」ディレクトリ内には、上記に記載した6つのプロジェクトメニューページを用意します。

root $ mkdir -p front/pages/project/_id && touch $_/{components.vue,dashboard.vue,help.vue,layouts.vue,pages.vue,settings.vue}

作成した6つのファイルは、ここでは編集しないので仮編集だけしておきましょう。

front/pages/project/_id/components.vue, dashboard.vue, help.vue, layouts.vue, pages.vue, settings.vue
<template>
  <logged-in-container #my-content>
    {{ $route.fullPath }}
  </logged-in-container>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

確認してみよう

コンテナを起動して、トップページからプロジェクトリンクをクリックしてください。

ちゃんとページが表示されていますね。OK!次へ進みましょう。

2020-08-24 15-11-16

プロジェクトページ用のヘッダーを作成する

プロジェクトページで表示するヘッダーコンポーネントを作成します。

このヘッダーには、

  • ツールバーと
  • ナビゲーションドロワーを

設置します。

「components/loggedIn」ディレクトリ内にloggedInHeader.vueを作成しましょう。

root $ touch front/components/loggedIn/loggedInHeader.vue

loggedInHeader.vueからは、この回で作成したツールバーと、これから作成するナビゲーションドロワーコンポーネントを呼び出します。

front/components/loggedIn/loggedInHeader.vue
<template>
  <div>
    <logged-in-nav-drawer />
    <logged-in-app-bar />
  </div>
</template>

<script>
export default {
}
</script>

レイアウトファイルにヘッダーを追加する

プロジェクトページで使用するレイアウトファイルのdefault.vueにヘッダーを導入します。

まるっと書き換えてください。

front/layouts/default.vue
<template>
  <v-app>
    <logged-in-header />
    <v-main>
      <nuxt />
    </v-main>
  </v-app>
</template>

<script>
export default {
}
</script>
  • <v-main> … コンテンツ領域を指定する。

    このタグで囲まないと、コンテンツがドロワーやツールバーに隠れてしまいます。

ナビゲーションドロワーを作成する

プロジェクトメニューを表示するナビゲーションドロワーを作成します。

「components」ディレクトリ内の「loggedIn/header」に、loggedInNavDrawer.vueを作成しましょう。

root $ touch front/components/loggedIn/header/loggedInNavDrawer.vue

作成したファイルにVuetifyの<v-navigation-drawer>を導入します。

front/components/loggedIn/header/loggedInNavDrawer.vue
<template>
  <v-navigation-drawer
    app
    clipped
    mobile-breakpoint="960"
  >
    <v-list>
      <v-divider />

      <v-list-item
        href="https://blog.cloud-acct.com/categories/udemy"
        target="_blank"
      >
        <v-list-item-icon>
          <v-icon>
            mdi-open-in-new
          </v-icon>
        </v-list-item-icon>

        <v-list-item-content>
          <v-list-item-title>
            このアプリの作り方
          </v-list-item-title>
        </v-list-item-content>
      </v-list-item>
    </v-list>
  </v-navigation-drawer>
</template>

<script>
export default {
}
</script>
  • clipped … ナビゲーションドロワーをツールバーの下に表示する。

    このキーを付けていないと下のようにツールバーの横に表示されます。

    2020-08-19 10-14-07

  • mobile-breakpoint="960" … ウィンドウ幅が960px未満の場合にドロワーを閉じる。

    デフォルトは1264pxでドロワーが開閉します。

確認してみよう

ここまでに、プロジェクトページの

  • コンテナコンポーネント
  • ツールバー
  • ナビゲーションドロワー
  • ツールバーとナビゲーションドロワーをまとめたヘッダーコンポーネント

を作成しました。

これらが正しく表示されているかブラウザで確認してみましょう。

ウィンドウ幅が960px以上で http://localhost:8080/project/2/dashboard にアクセスしてください。

2020-08-24 15-50-13

おお!いい感じ♩

ナビゲーションドロワーの開閉ボタンを追加する

このままではナビゲーションドロワーが閉じたまま開くことができません。

そこでナビゲーションドロワーを開いたり閉じたりするボタンを追加します。

手順としては、

  1. ツールバーにボタンの追加し、
  2. ヘッダーにdrawerフラグを用意。
  3. ナビゲーションドロワーに開閉を指示する、v-modelを追加します。

1. ツールバーにボタンを追加する

ツールバーにボタンを差し込むため、loggedInAppBar.vueslotを追加しましょう。

front/components/loggedIn/header/loggedInAppBar.vue
<template>
  <v-app-bar
    app
    dense
    elevation="1"
    clipped-left
    color="white"
  >
    <!-- 追加 -->
    <slot name="nav-icon" />

    <nuxt-link
      to="/"
      class="text-decoration-none"
    >
    ...

loggedInHeader.vueからslotを使用して、<v-app-bar-nav-icon>を追加します。

front/components/loggedIn/loggedInHeader.vue
<template>
  <div>
    <logged-in-nav-drawer />
    <!-- 書き換え -->
    <logged-in-app-bar #nav-icon>
      <v-app-bar-nav-icon />
    </logged-in-app-bar>
    <!-- <logged-in-app-bar /> -->
  </div>
</template>
...

ロゴの隣にボタンが表示されました。

2020-08-24 16-02-45

2. ヘッダーにドロワー開閉フラグを用意する

loggedInHeader.vueにナビゲーションドロワーを開閉するフラグを用意します。

ボタンをクリックすることで、開閉するクリックイベントも追加します。

front/components/loggedIn/loggedInHeader.vue
<template>
  <div>
    <logged-in-nav-drawer />
    <!-- @click 追加 -->
    <logged-in-app-bar #nav-icon>
      <v-app-bar-nav-icon
        @click="drawer = !drawer"
      />
    </logged-in-app-bar>
  </div>
</template>

<script>
export default {
  // 追加
  data () {
    return {
      drawer: null
    }
  }
}
</script>

まだこれではナビゲーションドロワーの開閉イベントは動きません。

このフラグとドロワーを連動させる必要があります。

3. ナビゲーションドロワーにv-modelを追加する

用意したdrawerフラグを、ナビゲーションドロワーに送ってv-modelに追加します。

まずは、loggedInHeader.vueからフラグを送りましょう。

front/components/loggedIn/loggedInHeader.vue
<template>
  <div>
    <!-- drawer.sync 追加 -->
    <logged-in-nav-drawer
      :drawer.sync="drawer"
    />
    ...
  </div>
</template>
...

フラグを受け取るloggedInNavDrawer.vueにはpropsv-modelを追加します。

front/components/loggedIn/header/loggedInNavDrawer.vue
<template>
  <!-- v-model 追加 -->
  <v-navigation-drawer
    v-model="setDrawer"
    app
    clipped
    mobile-breakpoint="960"
  >
    ...
</template>

<script>
export default {
  // 以下、追加
  props: {
    drawer: {
      type: Boolean,
      default: null
    }
  },
  computed: {
    setDrawer: {
      get () { return this.drawer },
      set (val) { return this.$emit('update:drawer', val) }
    }
  }
}
</script>

親子コンポーネント間の双方向データバインディングについてはこちらの記事で解説しています。

確認してみよう

ボタンをクリックして、ナビゲーションドロワーが開閉しているか確認してみましょう。

またウィンドウ幅が960px未満になった場合でも、ドロワーが開くかを確認してください。

ナビゲーションドロワーにメニューリンクを表示する

最後の作業です。

ナビゲーションドロワーにメニューリンクを追加しましょう。

メニューリストを追加する

loggedInNavDrawer.vueに、メニューリンクの配列と表示するリストを追加します。

front/components/loggedIn/header/loggedInNavDrawer.vue
<template>
  <v-navigation-drawer
    v-model="setDrawer"
    app
    clipped
    mobile-breakpoint="960"
  >
    <v-list>

      <!-- 追加 -->
      <v-list-item
        v-for="(nav, i) in navMenus"
        :key="`nav-${i}`"
        :to="$my.projectLinkTo($route.params.id, nav.name)"
      >
        <v-list-item-icon>
          <v-icon v-text="nav.icon" />
        </v-list-item-icon>

        <v-list-item-content>
          <v-list-item-title>
            {{ $my.pageTitle(nav.name) }}
          </v-list-item-title>
        </v-list-item-content>
      </v-list-item>
      <!-- ここまで -->

      <v-divider />

      ...
  </v-navigation-drawer>
</template>

<script>
export default {
  props: {
    drawer: {
      type: Boolean,
      default: null
    }
  },
  // data () 追加
  data () {
    return {
      navMenus: [
        { name: 'project-id-dashboard', icon: 'mdi-view-dashboard' },
        { name: 'project-id-layouts', icon: 'mdi-view-compact' },
        { name: 'project-id-pages', icon: 'mdi-image' },
        { name: 'project-id-components', icon: 'mdi-view-comfy' },
        { name: 'project-id-settings', icon: 'mdi-cog' },
        { name: 'project-id-help', icon: 'mdi-help-circle' }
      ]
    }
  },
  // ここまで
  computed: {
    ...
}
</script>

i18nの日本語化データを追加する

このままでは、メニュー名が正しく表示されないので、ja.jsonにナビゲーションメニューを追加します。

front/locales/ja.json
{
  ...
  "pages": {
    ...
    "account": {
      "settings": "アカウント設定",
      "password": "パスワード変更"
    },
    // 追加
    "project": {
      "id": {
        "dashboard": "ダッシュボード",
        "layouts": "レイアウト",
        "pages": "ページ",
        "components": "コンポーネント",
        "settings": "設定",
        "help": "ヘルプ"
      }
    }
  }
}

上手くいきましたねー。

2020-08-24 16-25-41

5時です。家に帰りましょう。

コミットしとく

今回の作業は以上です。

コミットしておきましょう。

root $ cd front
front $ git add -A
front $ git commit -m "add_navigation_drawer"
front $ cd ..
root $

まとめ

今回はプロジェクトページを作成し、ナビゲーションドロワーを追加しました。

長かった。うん、長かったの一言です。

次回は?

今回作成したプロジェクトページの共通設定ファイルを作成します。

あとはパンくずリストも追加しましょうね。

それではまた明日。

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
【随時更新】アプリケーション仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
【随時更新】このカテゴリーの歩き方
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
デプロイ準備。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
7. モデル開発事前準備 #02
【Rails6】モデル開発に必要なGemのインストールとHirb.enableの自動化
7. モデル開発事前準備 #03
【Docker+Rails】A server is already running. Check /tmp/pids/server.pidエラーの対応
7. モデル開発事前準備 #04
【Docker】<none>タグのイメージを一括削除する & Rails .gitignoreの編集
8. ユーザーモデル開発 #01
Railsユーザーモデル作成。テーブル設計・ユーザー認証設計を理解する
8. ユーザーモデル開発 #02
Railsユーザーモデルのバリデーション設定(has_secure_password解説)
8. ユーザーモデル開発 #03
Railsバリデーションエラーメッセージの日本語化(ja.yml設定方法)
8. ユーザーモデル開発 #04
EachValidatorクラスのカスタムバリデーション設定(Rails6/lib以下読込)
8. ユーザーモデル開発 #05
Rails環境ごとにSeedデータ切り替えるseeds.rbの書き方
8. ユーザーモデル開発 #06
Rails6から導入された並列テストを理解する
8. ユーザーモデル開発 #07
Railsユーザーモデルバリデーションテスティング(name/email/password)
8. ユーザーモデル開発 #08
Nuxt.jsからRailsのユーザーテーブルを取得しHerokuにデプロイする
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #02
Docker AlpineベースのNode.js上で動くNuxt.jsにVuetifyを導入する
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #03
VuetifyにカスタムCSSを導入してオリジナルブレイクポイントを作る
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #04
Nuxt.jsにnuxt-i18nを導入して国際化に対応する
10. ログイン前のレイアウト構築 #01
Nuxt.jsのレイアウト・ページ・コンポーネントの役割を理解しよう
10. ログイン前のレイアウト構築 #02
Nuxt.js ウェルカムページを構成するコンポーネントファイル群を作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #04
Nuxt.js addEventListenerでスクロールを検知しツールバーの色を変化させよう(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #05
Nuxt.js ウェルカムページをレスポンシブデザインに対応させよう(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #06
Nuxt.js 会員登録ページのレイアウトファイルを作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #07
Nuxt.js 名前、メール、パスワードのコンポーネントファイルを作成しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #08
Nuxt.js 親子コンポーネント間の双方向データバインディングを実装する(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #09
Nuxt.js Vuetifyのv-text-fieldを使った会員登録フォームのバリデーション設定(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #10
Nuxt.js ログインページ実装とHerokuデプロイまで(router. replaceとpushの違いとは)
11. ログイン後のレイアウト構築 #01
Nuxt.js ログイン後のツールバーを作成しよう(inject解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #02
Nuxt.js アカウントメニューページ・ログアウト機能を実装しよう(nuxt-child解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ログイン後のトップページにプロジェクト一覧を表示しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #04
Nuxt.js プロジェクトページにVuetifyのナビゲーションドロワーを追加しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #05
Nuxt.js paramsIDからプロジェクトを検索してVuexに保存しよう
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集