Udemy 4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
2020年06月24日に更新

【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく

今回達成すること

GitHubにアカウントを作成し、SSH接続の設定を行います。

ご安心ください。画像大量で分かりやすい記事ですから。

まずはアカウント作成からやっていきましょう。

GitHubに新規登録

下記URLからGitHubに新規登録を行います。

https://github.com/

下記を入力して「Sign up for GitHub」と書かれた緑のボタンをクリックしてください。

  • Username

  • Email

  • Password

    15文字以上、または数字と小文字を含む8文字以上であること

2020-06-20 12-16-24

認証画面に飛びますので指示に従って操作してください。

2020-06-20 12-21-58

認証が成功すると緑の「✔︎」マークが出ます。

そしたら「Join a free plan」と書かれた青いボタンをクリックします。

2020-06-20 12-22-33

メールボックスにメールアドレスの確認メールが届いているはずです。

Verify email address」と書かれた青いボタンをクリックしてください。

2020-06-20 12-28-56

以上でGitHubへの会員登録が完了しました。

続いてSSH接続の設定を行なっていきますが、その前にGitHubのSSH接続を理解しましょう。

GitHubのSSH接続とは

SSH接続とは、GitHubの認証方法の一つです。

通常、自分のPCからGitHubへ接続する際は、都度ユーザー名とパスワードを入力しログインを行う必要があります。

しかしこのSSH接続を利用すれば、ログインを行わずともGitHubへの接続が可能となります。

SSH接続の方法

ローカルのPCとGitHubに、ペアになった鍵をそれぞれ用意します。

  • PC側の鍵 … 秘密鍵と呼び、暗号化された通信を複合化するために使用します。
  • GitHubの鍵 … 公開鍵と呼び、通信内容を暗号化するために使用します。

Git03

参考 GitHubにssh接続できるようにする - Qiita

それでは作業に移りましょう。

秘密鍵と公開鍵を作成する

Windowsの方はこちらを参考にしてください。

SSH接続設定 - サル先生のGit入門

まずは鍵を保存する「.ssh」ディレクトリに移動します。

どこで実行しても構いません。

$ cd ~/.ssh

鍵を生成するコマンドを実行します。

.ssh $ ssh-keygen -t rsa -f <ファイル名(任意)> -C <GitHubアカウントのメールアドレス(任意)>

# (筆者の場合) 
$ ssh-keygen -t rsa -f id_rsa_github -C my@gmail.com
  • ssh-keygen … 秘密鍵と公開鍵を生成するLinuxコマンド。

  • -t <暗号化タイプ>オプション … 暗号化形式を指定する。暗号化タイプは下記URLを参照。

  • -f <ファイル名>オプション … ファイル名を指定する。指定しない場合「id_rsa」と言う名前になる。

  • -C <コメント>オプション … コメントを記述。ここで指定したコメントは鍵の最後に表示される。

参考 【 ssh-keygen 】コマンド――SSHの公開鍵と秘密鍵を作成する - IT

コマンドを実行するとパスフレーズの入力を求められます。

ここは何も入力せずそのままエンターキーで進みます。

# パスフレーズを入力します(パスフレーズがない場合は空)
Enter passphrase (empty for no passphrase): <Enterキー>

# 同じパスフレーズを再度入力してください
Enter same passphrase again: <Enterキー>

The key's randomart image is:
...
# 完成

以上で作成できました。確認してみましょう。

2つのファイルが作成されています。

.ssh $ ls -1

id_rsa_github
id_rsa_github.pub
  • id_rsa_github … 秘密鍵。
  • id_rsa_github.pub … 公開鍵。GitHubに登録する方。

任意のファイル名にした場合

筆者のようにオプションでファイル名を指定した場合、「GitHubの通信はこの秘密鍵を参照してください」と登録する必要があります。

「.ssh」ディレクトリ直下にconfigファイルを作成しましょう。

.ssh $ vi config

ターミナル上でこの様に編集します。

1.「i」キーでインサートモードにして下記を追加

# GitHub SSH key
Host github
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_github # ここは自分のファイル名と一致させる
  User git

2. 「esc」キーでインサートモードをキャンセル
3. 「:wq」で保存して終了
4. $ cat configコマンドで確認しとく

編集が終わったら必ず確認しておきましょう。

.ssh $ cat config

# GitHub SSH key
Host github
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_github
  User git

以上で秘密鍵と公開鍵が作成できました。

GitHubに公開鍵を追加する

それではGitHubに公開鍵を登録します。

まず、公開鍵pbcopyコマンドでクリップボードにコピーします。

.ssh $ pbcopy < id_rsa_github.pub

一旦ターミナルから離れます。

GitHub上での作業

GitHubにログインし、右のユーザーアイコンから「Settings」へ移動します。

2020-06-20 15-03-30

左のメニューの「SSH and GPG keys」へ移動します。

2020-06-20 15-05-20

緑の「New SSH key」ボタンをクリックします。

2020-06-20 15-07-49

  • Titleには秘密鍵を持つPCが判別できる名前を
  • Keyには先ほどコピーした公開鍵を貼り付けます。

完了したら「Add SSH key」をクリックしましょう。

2020-06-20 15-10-01

パスワードが求められますので、ログインパスを入力してください。

無事登録が完了しました。

2020-06-20 15-14-01

GitHubとのSSH接続を確認する

下記コマンドで接続を確認します。

$ ssh -T git@github.com

接続ができていればこんなメッセージが出ます。

Hi <GitHubのアカウント名>! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

無事接続できましたか?

以上で作業完了です。

参考 GitHubでssh接続する手順 公開鍵・秘密鍵の生成から - Qiita

まとめ

今回はGitHubにアカウントを作成し、SSH接続の設定を行いました。

これでpushするたびにログインを求められなくて済みますね。便利だ。

さて、次回は?

主にGItHub上での作業となりますが、リポジトリを作成しプロジェクトをpushしていきます。

次でやっと開発環境が整いますね。

頑張りましょう-!

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
【随時更新】このカテゴリーで作るアプリケーションの仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
【随時更新】このカテゴリーの歩き方
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
最初の一歩。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
新着
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集