Udemy 2. Docker入門 #03
2020年11月08日に更新

分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?

この記事でお話しすること

今回は、DockerComposeについて学んでいきます。

この記事でお話ししすることは、以下の2つです。

  1. Webアプリケーションが動く仕組み
  2. DockerComposeとは何か?

Railsアプリケーションを構築する前提でお話しします。

Webアプリケーションが動く仕組み

1つのWebアプリケーションを動かすには、複数のサーバ環境が必要です。

ここでは、3つのサーバを解説します。

  • Webサーバ

    ブラウザから受け取ったリクエストを処理するサーバのこと。

    • html・cssファイル、画像ファイル等の静的なコンテンツの場合

      Webサーバ自身が処理し、ブラウザにレスポンスを返します。

    • ユーザー毎に表示内容が変化するような動的なコンテンツの場合

      Webサーバはアプリケーションサーバに処理を受け渡します。

  • アプリケーションサーバ

    Webサーバから受け取ったリクエストをRailsに伝え、処理した結果をWebサーバに返すサーバのこと。

    Webサーバからのリクエスト処理とレスポンス処理を行い、必要であればデータベースサーバからデータを取得します。

  • データベースサーバ

    永続データを保管、管理するサーバのこと。

    ユーザー情報などを保管している場所になります。

そして、これらがそれぞれの処理を実行し、1つのWebアプリケーションを動かしています。

Webアプリケーション構築のDockerコンテナ設計

Docker上でWebアプリケーションの構築を行う場合、1つのコンテナに全てのサーバを立ち上げるような設計にはしません。

1コンテナ = 1役割

基本的に、Dockerコンテナは1つのコンテナに対し1つの役割を持たせる設計にします。

なぜ、1コンテナ = 1役割なのか?

その理由は再利用性が高いことです。

docker4

例えばRails本体とデータベースを分けたコンテナ設計にするとしましょう。

開発が進み「Railsやーめた」となった場合、新たなサーバ機能を持ったコンテナを立ち上げることで、データベースコンテナを再利用することができるのです。

結果、コンテナを壊して作り変えることが容易になり運用が楽になるのです。

どこまでを1つの役割とするのか?

しかし、あまりに細かいコンテナ分類を行うと、運用が複雑になり本末転倒です。

例えば、今回作成するアプリケーションでは

  • Nuxt.jsを動かすフロントコンテナ
  • Railsを動かすAPIコンテナ
  • 永続データを管理するDBコンテナ

3つのコンテナに分けて作成します。

1コンテナごとに違う役割を持ち、それぞれが再利用可能なコンテナとなります。

コンテナ設計に迷われた方のために、参考になりそうな記事を抜粋しておきます。

知っておくべき7つのコンテナー設計パターン

[翻訳] Dockerについてよくある勘違い

Dockerコンテナの分割は開発時はプロセス毎にしたほうがいい。

複数のコンテナの一括管理を行う「DockerCompose」

さて、ここまでは「Docker上でWebアプリケーションを構築するには、役割ごとにコンテナを立ち上げる」ということを学びました。

ここからは、DockerComposeについて学んでいきましょう。

Webアプリケーションのように、コンテナ数が多くなると、管理や起動・停止などの運用が煩雑になってきます。

そんな時は、コンテナの一括管理が行えるDockerComposeを利用します。

DockerComposeとは何か?

DockerComposeとは、複数のコンテナを一度に作ったり、まとめて管理したりできるツールです。

Macの場合、Docker for Macをインストールした時点でDockerComposeもインストールされています。

下記のコマンドでDockerComposeがインストールされているか確認できます。

DockerComposeのバージョン確認
$ docker-compose -v
# もしくは
$ docker-compose --version

docker-compose version 1.25.5, build 8a1c60f6

Dockerのインストールがまだの方はこの記事を参考にインストールしてください。

DockerComposeを一括管理する「docker-compose.yml」

DockerComposeは「docker-compose.yml」というファイルで一括管理します。

docker-compose.ymlは、システム内で稼働する複数のコンテナ構成をまとめて定義したファイルになります。

ymlファイルは、インデントで関連するデータ構成を表します。

services直下にあるサービス名が、コンテナの名前となります。

下記のサンプルファイルでは、dbコンテナとwebコンテナの構成が定義されています。

コードは先で解説しますので、まずは「services直下のサービス名がコンテナを表す」ということを覚えておきましょう。

docker-compose.ymlのサンプル
version: '3.8'
services:
	# コンテナ名
  db:
  	# ベースイメージの指定
    image: postgres
    # コンテナのデータ管理(DBデータの永続化)
    volumes:
      - ./tmp/db:/var/lib/postgresql/data
    # コンテナ内の環境変数の指定
    environment:
      POSTGRES_PASSWORD: 'password'
  web:
  	# Dockerfileのパスを指定
    build: .
    # コンテナ内で実行するコマンド
    command: bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    volumes:
      - .:/myapp
    # コンテナ間の通信
    ports:
      - "3000:3000" # ホストマシンのポート番号:コンテナのポート番号
    # サービス間の依存関係
    depends_on:
      - db	# webコンテナはdbコンテナに依存する(実行順序 db -> web)

DockerComposeはDockerの多機能ツール

いきなりDockerで開発を始める方は非常に混乱すると思いますが、

  • まずベースにDockerがあって、
  • その多機能ツールがDockerCompose

だと認識しておけばOKです。

今後の開発では、DockerComposeを主に使用するため、コマンドも$ docker-composeを使います。

まとめ

これにて「DockerでのRails開発を始めるに当たっての基礎知識」の解説を終わります。

最後に今回学んだことをまとめておきますね。

  • Webアプリケーションを動かすには複数のサーバ環境が必要
  • Docker上でWebアプリケーションを構築する場合は複数のコンテナを立ち上げる
  • 原則、1コンテナにつき1つの役割のみ
  • 複数のコンテナを一括管理するにはDockerComposeを使う
  • そのDockerComposeを設定するファイルはdocker-compose.yml

おしまい

以上で「Docker入門」のチャプターを終わります。

このチャプターでは、

について学んでいきました。

次回から実際に手を動かして、開発を進めていきましょう。

それでは!

修正情報

  • 2020.11.08 全体の言い回しを変えました。

    コード、記事内容の大きな変更はありません。

あなたの力になれること
私自身が独学でプログラミングを勉強してきたので、一人で学び続ける苦しみは痛いほど分かります。そこで、当時の私がこんなのあったら良いのにな、と思っていたサービスを立ち上げました。周りに質問できる人がいない、答えの調べ方が分からない、ここを聞きたいだけなのにスクールは高額すぎる...。そんな方に向けた単発・短期間メンターサービスを行っています。下のサービスへお進みください。
独学プログラマのサービス
次の記事はこちら
1. このカテゴリーの歩き方 #01
【お知らせ】UdemyでRails × Nuxt.jsの動画を公開することになりました
1. このカテゴリーの歩き方 #02
アプリケーション仕様書
1. このカテゴリーの歩き方 #03
このカテゴリーの歩き方(まずはここをチェック)
1. このカテゴリーの歩き方 #04
(Docker+Rails6+Nuxt.js+PostgreSQL)=>Heroku 環境構築~デプロイまでの手順書
2. Docker入門 #01
Docker for Macをインストールする手順
2. Docker入門 #02
分かるDocker解説。仮想環境・コンテナ・Dockerイメージ・Dockerfileとは何か?
2. Docker入門 #03
分かるDocker解説。DockerComposeとは何か?
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #01
【Docker+Rails6+Nuxt.js】今回作成するアプリの開発環境の全体像を知ろう
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #02
【MacOS】Homebrew経由でGitをインストールする方法
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #03
Rails6を動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(AlpineLinuxとは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #04
Nuxt.jsを動かすAlpineベースのDockerfileを作成する(C.UTF-8とは何か)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #05
.envファイルを使ったdocker-compose.ymlの環境変数設計
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #06
Rails6・Nuxt.js・PostgreSQLを動かすdocker-compose.ymlファイルを作成する
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #07
docker-compose.ymlを使ってRails6を構築する(PostgreSQLパスワード変更方法)
3. Dockerを使ったRails+Nuxt.js環境構築 #08
docker-compose.ymlを使ってNuxt.jsを構築する
4. 複数プロジェクトのGit管理 #01
複数プロジェクトで行うGit管理の全体像を理解しよう(Gitサブモジュール解説)
4. 複数プロジェクトのGit管理 #02
【Git】既存の子ディレクトリをサブモジュール管理に変更する手順
4. 複数プロジェクトのGit管理 #03
【GitHub】秘密鍵の生成・公開鍵を追加・SSH接続するまでを画像で分かりやすく
4. 複数プロジェクトのGit管理 #04
【GitHub】リモートリポジトリの追加・サブモジュールのリンク設定を行う
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #01
【Rails6】"Hello" jsonを返すコントローラを作成する
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #02
【Nxut.js】axiosの初期設定を行う(baseURL・browserBaseURLを解説)
5. RailsAPI×Nuxt.js初めてのAPI通信 #03
【Rails6】Gem rack-corsを導入してCORS設定を行う(オリジン・CORSとは何か)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #01
デプロイ準備。Herokuへ新規会員登録を行いHerokuCLIをインストールする
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #02
heroku.yml解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #03
HerokuCLI-manifestのデプロイ解説編。Docker環境のRails6をHerokuにデプロイする(2/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #04
Dockerfile解説編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(1/2)
6. Heroku.ymlを使ったDockerデプロイ #05
デプロイ完結編。Docker環境のNuxt.jsをHerokuにデプロイする(2/2)
7. モデル開発事前準備 #01
【Rails6】application.rbの初期設定(タイムゾーン・I18n・Zeitwerk)
7. モデル開発事前準備 #02
【Rails6】モデル開発に必要なGemのインストールとHirb.enableの自動化
7. モデル開発事前準備 #03
【Docker+Rails】A server is already running. Check /tmp/pids/server.pidエラーの対応
7. モデル開発事前準備 #04
【Docker】<none>タグのイメージを一括削除する & Rails .gitignoreの編集
8. ユーザーモデル開発 #01
Railsユーザーモデル作成。テーブル設計・ユーザー認証設計を理解する
8. ユーザーモデル開発 #02
Railsユーザーモデルのバリデーション設定(has_secure_password解説)
8. ユーザーモデル開発 #03
Railsバリデーションエラーメッセージの日本語化(ja.yml設定方法)
8. ユーザーモデル開発 #04
EachValidatorクラスのカスタムバリデーション設定(Rails6/lib以下読込)
8. ユーザーモデル開発 #05
Rails環境ごとにSeedデータ切り替えるseeds.rbの書き方
8. ユーザーモデル開発 #06
Rails6から導入された並列テストを理解する
8. ユーザーモデル開発 #07
Railsユーザーモデルバリデーションテスティング(name/email/password)
8. ユーザーモデル開発 #08
Nuxt.jsからRailsのユーザーテーブルを取得しHerokuにデプロイする
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #01
【Nuxt.js2.13超解説】バージョンアップ手順と6つの新機能+2つの変更点
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #02
Docker AlpineベースのNode.js上で動くNuxt.jsにVuetifyを導入する
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #03
VuetifyにカスタムCSSを導入してオリジナルブレイクポイントを作る
9. Nuxt.jsフロント開発事前準備 #04
Nuxt.jsにnuxt-i18nを導入して国際化に対応する
10. ログイン前のレイアウト構築 #01
Nuxt.jsのレイアウト・ページ・コンポーネントの役割を理解しよう
10. ログイン前のレイアウト構築 #02
Nuxt.js ウェルカムページを構成するコンポーネントファイル群を作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ウェルカムページにアイキャッチ画像・アプリ名・メニューボタンを表示しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #04
Nuxt.js addEventListenerでスクロールを検知しツールバーの色を変化させよう(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #05
Nuxt.js ウェルカムページをレスポンシブデザインに対応させよう(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #06
Nuxt.js 会員登録ページのレイアウトファイルを作成しよう(1/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #07
Nuxt.js 名前、メール、パスワードのコンポーネントファイルを作成しよう(2/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #08
Nuxt.js 親子コンポーネント間の双方向データバインディングを実装する(3/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #09
Nuxt.js Vuetifyのv-text-fieldを使った会員登録フォームのバリデーション設定(4/4)
10. ログイン前のレイアウト構築 #10
Nuxt.js ログインページ実装とHerokuデプロイまで(router. replaceとpushの違いとは)
11. ログイン後のレイアウト構築 #01
Nuxt.js ログイン後のツールバーを作成しよう(inject解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #02
Nuxt.js アカウントメニューページ・ログアウト機能を実装しよう(nuxt-child解説)
11. ログイン後のレイアウト構築 #03
Nuxt.js ログイン後のトップページにプロジェクト一覧を表示しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #04
Nuxt.js プロジェクトページにVuetifyのナビゲーションドロワーを追加しよう
11. ログイン後のレイアウト構築 #05
Nuxt.js paramsIDからプロジェクトを検索してVuexに保存しよう
12. サーバーサイドのログイン認証 #01
JWTとは何か?(ruby-jwtのインストール)
12. サーバーサイドのログイン認証 #02
【Rails×JWT】ログイン認証解説とJWT初期設定ファイルの作成
12. サーバーサイドのログイン認証 #03
【Rails×JWT】トークン発行とデコードを行うAuthTokenクラスの作成
12. サーバーサイドのログイン認証 #04
【Rails×JWT】 ログイン判定を行うAuthenticatorモジュールの作成
12. サーバーサイドのログイン認証 #05
【Rails×JWT】UserクラスからJWTを扱うTokenizableモジュールの作成
12. サーバーサイドのログイン認証 #06
【Rails×JWT】AuthTokenクラスとAuthenticatorモジュールをテストする
12. サーバーサイドのログイン認証 #07
【Rails×JWT】JWTをCookieに保存するログインコントローラーの実装
12. サーバーサイドのログイン認証 #08
【Rails×JWT】ログインコントローラーのテストとHerokuデプロイ
13. フロントエンドのログイン認証 #01
【Rails×Nuxt.js】クロスオリジン通信でのCookie共有設定
13. フロントエンドのログイン認証 #02
【Nuxt.js】Railsからのログイン成功レスポンスをVuexに保存する
13. フロントエンドのログイン認証 #03
【Nuxt.js】ローカルストレージの有効期限を暗号化する(crypto-js解説)
13. フロントエンドのログイン認証 #04
【Nuxt.js】JWT有効期限内のユーザーをログインしたままにする実装
13. フロントエンドのログイン認証 #05
【Nuxt.js】ログイン前後のリダイレクト処理をミドルウェアで実装する
13. フロントエンドのログイン認証 #06
【Nuxt.js】ログイン失敗時のトースターをグローバルイベントとして作成する
13. フロントエンドのログイン認証 #07
【Nuxt.js】エラーページを作成する
13. フロントエンドのログイン認証 #08
【Rails×Nuxt.js】デモプロジェクトの作成とHerokuデプロイ(ログイン認証完)
14. 本番環境への対応 #01
【Rails×Nuxt.js】SafariのクロスサイトCookie保存拒否に対応する
SPA開発
ブログ構築
小ネタ集