SPA開発 2. 開発環境を整える #02
2019年10月12日に更新

Rails apiモードのプロジェクトを作成し、Gitにコミットする

この記事で達成すること

今回は、以下の3つの作業を行っていきます。

  1. Railsプロジェクトを作成する
  2. Gitのセットアップをする
  3. RailsプロジェクトをGitにコミットする

それでは順に見ていきましょう。

Rails apiモードでプロジェクトを作成する

プロジェクトを置くディレクトリに移動する

ターミナルからRailsプロジェクトを置くトップディレクトリに移動してください。

(筆者の場合はrailsディレクトリにプロジェクトを作成します。ご自身の環境に合わせて読み替えてください。)

$ cd rails

プロジェクトを作成する

Railsプロジェクトを作成するコマンドを実行します。

--apiコマンドオプションを付けて、apiモードのRailsプロジェクトを作成します。

$ rails new アプリ名 --api

筆者の場合は下記のコマンドを実行しました。

$ rails new myapp8 --api

Railsを起動して確認を行う

プロジェクトの中に移動します。

$ cd myapp8

プロジェクトを起動します。(sはserverの略です)

$ rails s

ブラウザから"http://localhost:3000/"にアクセスしてください。

このような画面が出てくれば、正しくプロジェクトが作成されています。

2019-08-03 13-19-24

プロジェクト作成の確認が取れたので、ターミナル上でControl + Cを押してサーバーを停止します。

Gitのセットアップとコミット

Railsプロジェクトが作成できたので、次はgitのセットアップを行います。

gitインストールの確認

macの環境ではgitが標準装備されていますが、念の為git —versionコマンドでインストールを確認をしておきましょう。

$ git --version

# このようにバージョンが表示されればインストールされています。
git version 2.20.1 (Apple Git-117)

git初期作業

gitの設定を行っておきましょう。

この設定は 最初の一回だけ 行うものです。

プロジェクトを作成するたびに行うものではありません。

$ git config --global user.name "あなたの名前"
$ git config --global user.email あなたのemail

筆者の場合はこのようにセットアップしました。

emailは生きていないものでも大丈夫みたいです。(ちょっと確信はありませんが…)

$ git config --global user.name "andou"
$ git config --global user.email user@example.com

ここで設定した nameとemailはリポジトリ上で一般公開されます。

公開されても良い名前とメールアドレスにしておきましょう。

リポジトリの初期化

リポジトリの初期化を行います。

リポジトリとは、プロジェクトのファイルや画像などを保管する場所のことです。

先ほどのプロジェクトのルートディレクトリでgit initコマンドを実行します。

mac:myapp8 andou$ git init

# 初期化しましたと出てきます。
Reinitialized existing Git repository in /Users/ユーザー名/rails/myapp8/.git/

リポジトリに追加する

下記コマンドでリポジトリにプロジェクトファイルを追加します。

$ git add -A

このコマンドを実行すると、待機用リポジトリに保管されます。

リポジトリは2階層あると考えれば理解しやすいと思います。

コミットする

待機用リポジトリに保管されているファイル群を完全にリポジトリに反映します。

$ git commit -m "created_rails_project"

-mはコミットにメッセージをつけるオプションコマンドです。

何を追加、変更したかを記入しておくと見返すときに便利です。

コミットを確認する

git logコマンドで、いつ何をコミットしたか確認することができます。

$ git log

-mオプションでつけたメッセージが表示されます。

commit a44e99e0d1bab85c367f034b9ffb066851f94d34 (HEAD -> master)
Author: andou <user@example.com>
Date:   Sat Aug 3 13:55:35 2019 +0900

    created_rails_project

おわりに

以上で無事Railsプロジェクトをgitにコミットすることができました。

gitコマンドの使い方はRailsチュートリアルに勝るものはありません。

ここで勉強しておきましょう。

1.4 Gitによるバージョン管理 - Railsチュートリアル

次回は、Bitbucketに今回作成したRailsプロジェクトをアップロードしていきます。

少々大変ですが、画像多めなのでご安心ください。

現在、カテゴリー「Rails apiとNuxt.jsでSPA開発」のデモアプリを構築中です。記事になるまでもう少々のお時間が必要です。ブログの更新が止まって申し訳ありません。デモアプリの進捗状況は こちらの記事 で随時お伝えしてまいります。
スポンサー広告
次の記事はこちらです
SPA開発
今日のTweet
スポンサー広告