SPA開発 2. 開発環境を整える #01
2019年10月03日に更新

macにRailsをゼロからインストールする

Railsをインストールするために必要なもの

  1. Railsをインストールするには、
  2. Rubyが必要です。Rubyをインストールするには、
  3. rbenvが必要です。rbenvをインストールするには、
  4. Homebrew が必要です。Homebrewをインストールするには、
  5. Command Line Tools for Xcode が必要です。 << ココから順にインストールを開始します。

ツールの説明は下で触れています。

Railsを円滑に動かすために必要なもの

  • RailsにはJavascriptを実行するnode.jsが必要です。

    node.js導入以外の方法もあるようです。

  • Railsプロジェクトごとにgemを管理するためにはBundlerが必要です。

    gemとはRubyのライブラリのことです。

    ライブラリとはrubyをもっと便利に使うことができる部品のことです。

    ちなみに、RailsもRubyライブラリの一つです。

必要であればインストールするもの

必要であれば、PostgreSQLMySQLなどのデータベースをインストールしてください。

ちなみにmacの環境では、標準でSQlite3がインストールされています。

本プロジェクトでは開発環境でSQlite3を使うので、インストールには触れません。

早速インストール

1. Command Line Tools for Xcodeのインストール

Command Line Tools for Xcodeとは、mac用のコマンドラインツールです。

ターミナル上でいろんな操作を可能にします。

まずインストールされているかターミナル上で確認します。

$ xcodebuild -version

↓のようにバージョンが表示されていればOKです。次へ進みましょう。

Xcode 10.3
Build version 10G8

バージョンが表示されない場合はインストールを実行します。

$ xcode-select --install

2. Homebrewのインストール

Homebrewとは、macOS上で開発をするにあたって、必要なパッケージをインストールしたりアンインストールしたりするものです。

Homebrewをインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

上記は2019年8月現在のものです。

最新のインストールコマンドはここにあります。

macOS 用パッケージマネージャー — Homebrew

インストールされたか確認します。

$ brew -v

バージョンが表示されたらOKです。次へ進みましょう

Homebrew 2.1.8

3. rbenvのインストール

rbenvとは、Rubyのバージョン管理ツールです。

プロジェクトごとにRubyのバージョン切り替えを可能にしてくれます。

まず、Homebrewを使ってrbenvをインストールします。(brewはHomebrewのコマンドです)

$ brew install rbenv

次に、rbenvコマンドを使えるようパスの設定と初期化設定を.bash_profileに追記します。

ターミナルで以下のコマンドを実行してください。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

不安な方は.bash_profileを起動して確認しておきましょう。

$ vi ~/.bash_profile

先ほどのパスが記入されていますね。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
~                                                                                                                
~                                                                                                                
~

確認が取れたら、.bash_profileファイルを終了します。

$ :q

.bash_profileの設定を反映させるために下のコマンドを実行します。

$ source ~/.bash_profile

rbenvがインストールできたか確認をとりましょう。

$ rbenv -v

バージョンが表示されたらインストール成功です。

rbenv 1.1.0

4. Rubyのインストール

Rubyはrbenvを使ってインストールしていきます。

なお、Rails 6を動かすにはRubyのバージョンが2.5以上でなければなりません。

まず、インストールできるRubyのバージョンを確認しておきましょう。

$ rbenv install --list

上の方に出てきた数字がRubyのバージョンを表しています。

...
2.6.2
2.6.3
2.7.0-dev
2.7.0-preview1
...

今回は、最新の安定版である 2.6.3 をインストールしていきます。

$ rbenv install 2.6.3

インストールが終わったら、システム全体で使用するRubyのバージョンを指定します。

$ rbenv global 2.6.3

Rubyのバージョンを確認しましょう。

$ ruby -v

バージョンが表示されれば成功です。

ruby 2.6.3p62 (2019-04-16 revision 67580) [x86_64-darwin18]

(補足) rbenvのよく使うコマンド集

  • rbenv versions

rbenvにインストールしたRubyのバージョン一覧を取得する。
※が現在のプロジェクトで利用しているRubyのバージョン

$ rbenv versions
  system
  2.3.1
  2.4.1
  2.5.3
* 2.6.3 (set by /Users/ユーザー名/.ruby-version)
  • rbenv version

現在のプロジェクトで利用しているRubyのバージョンを表示する。($ ruby -vと同じ)

$ rbenv version
2.6.3 (set by /Users/ユーザー名/.ruby-version)
  • rbenv local

プロジェクト単位でRubyのバージョンを切り替える。

$ rbenv local 2.5.3

切り替わったか確認。

$ rbenv versions
  system
  2.3.1
  2.4.1
* 2.5.3 (set by /Users/ユーザー名/.ruby-version)
  2.6.3

5. RubyGemsのアップデート

RubyGemsとは、Rubyのgemライブラリを管理するツールです。

RubyGemsはRubyに同梱されていますが、新しいバージョンが公開されている場合がありますので、念の為アップデートしておきましょう。

$ gem update --system

下のように出てきた場合は最新版がインストールされています。次へ進みましょう。

Latest version already installed. Done.

6. Bundlerのインストール

Bundlerとは、Rubyのgemライブラリをプロジェクト単位で管理することができるツールです。

プロジェクトディレクトリに「Gemfile」というファイルを作成し、そのファイル上でインストールするgemを記載したり、gemのバージョンを明記したりしてgemを管理することができます。

インストールを実行しましょう。

$ gem install bundler

7. Railsのインストール

やっとRailsのインストールです。

mac上にインストールするRailsは、現在(2019年8月)の安定版である5.2.3をインストールします。

$ gem install rails -v 5.2.3

インストールが終わったら確認をしておきましょう。

$ rails -v

バージョンが出てきたら正しくインストールされています。

Rails 5.2.3

8. node.jsのインストール

node.jsはHomebrewでインストールできます。

$ brew install node

node.jsをプロジェクト毎にバージョン管理できる「Nodebrew」を使ってインストールするには、こちらの記事を参考にしてください。

Nuxt.jsを動かす環境を構築する

最後にインストールの確認だけしておきましょう。

$ node -v
v12.7.0

お疲れ様でした

以上でRailsの開発環境が構築できました。

次回はBitbucketのセットアップをしていきます。

現在、カテゴリー「Rails apiとNuxt.jsでSPA開発」のデモアプリを構築中です。記事になるまでもう少々のお時間が必要です。ブログの更新が止まって申し訳ありません。デモアプリの進捗状況は こちらの記事 で随時お伝えしてまいります。
スポンサー広告
次の記事はこちらです
SPA開発
今日のTweet
スポンサー広告